スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - |
    Entry: main  << >>
    毎日新聞にて紹介されました!(2016年)
    0

      以下、記事より。

       

      絵本の魅力を朗読で 生演奏や映像駆使 日本橋で24、25日 /東京

       

       

      芝居のように配役し絵本を朗読するユニークな公演

      「みんなで楽しもう!絵本の世界」が24、25日、

      中央区日本橋人形町1の日本橋社会教育会館で開かれる。

      2006年の第1回以来、今年で10年。楽器の生演奏や

      大型スクリーンを使った映像も駆使し、絵本の魅力を伝える。

      演じるのは、絵本好きの30〜80代の男女9人でつくる

      ボランティア団体「ひさまつ読み聞かせの会」。

      情感たっぷりの迫力ある朗読に加え、絵は大型スクリーンに投影。

      山場に差しかかればパーカッションやアコーディオンを

      鳴らして盛り上げる。朗読者は黒衣に役を象徴する小物を

      身につけ、絵本ならではの「想像の楽しさ」を味わってもらう工夫も。

      今年のプログラムは「きょうはなんてうんがいいんだろう」

      (文・絵 宮西達也、鈴木出版)や「ぽんぽん山の月」

      (あまんきみこ作、渡辺洋二絵、文研出版)など8作品を用意した。

      中心メンバーの岩間数子さんは「子どもはもちろん大人も

      楽しめる絵本の魅力を、目いっぱい引き出したい」と話している。

      公演は24日午後0時半、同4時、25日午前11時、午後2時の

      計4回。公演時間は約1時間半。24日午後4時の回は、

      絵本作家の藤本ともひこさんをゲストに迎え、読み聞かせや

      ギターの弾き語りを披露してもらう。

      大人1000円、中学生以下800円、座席不要の3歳以下は無料。

      当日券は開演40分前から販売。問い合わせは宮崎ひでこ代表。

      【大迫麻記子】

      〔都内版〕

       

       

       

       

      ニュースサイトで読む:

      https://mainichi.jp/articles/20161223/ddl/k13/040/048000c#csidxb66bfd18b49d727878e602e3a079eba
      Copyright 毎日新聞

      | ひさまつ読み聞かせの会 | 08:16 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 08:16 | - | - |
        Comment








        PR

        Calendar

         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>

        Profile

        Recommend

        Search

        Entry

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode